松戸 歯科 歯医者 Care Cure(ケアキュア)歯科松戸 小児矯正歯科
 
TEL 047-361-8211 年中無休 平日21:00受付
〒271-0092 千葉県松戸市松戸1235-1 イーストスクウェア松戸
松戸駅東口バスターミナル前1階

医療法人社団 博歯会 Care Cure歯科松戸
当院ブログ
こちらをクリック

TEL 047-361-8211
トップページ»  小児歯科

小児歯科

ケアキュアキッズクラブ ケアキュアキッズクラブ ケアキュアキッズクラブ ケアキュアキッズクラブ

 

歯医者に通うタイミング

「歯医者さんには何歳から行くものなの?」という質問を、よくいただきます。
「いつでも、来たいときに来ればいい」と答える歯医者さんもいますが、それでは歯が痛くなってから通うことになりがちです。歯が痛くなってから初めて歯医者に行くと、歯医者をこわがるようになってしまうことが多く、オススメできません。
ですから、CareCure歯科松戸では、「できれば1歳半くらいまでに1回、見学やトレーニングのつもりで来てください」とお答えしています。生後6ヶ月ほどでかわいい乳歯が生えてきますから、まずは検査と、「お口を開けるトレーニング」のつもりで、お気軽にお越しください。キッズルームで、お口の中を楽しく拝見します。

 

信頼関係を大切に

CareCure歯科松戸では、お子さんとの信頼関係を大切にしながら治療を行います。痛みの出てしまう治療で「痛くないからね~」と言ったりはしませんし、「どうしても痛い治療は受けたくない!」と言われたら、その日はトレーニングや歯磨きの練習など、痛みのでないことだけにしておきます。
お子さんと根気強く向き合って、信頼してもらいながら治療することが、「歯医者嫌い」にさせないためには必要です。もちろん、気持ちをケアするだけではなくて、最新の技術や設備をそろえることで、できる限り痛みのない治療ができるように努力しています。だだをこねたり、泣いてしまうお子さんの治療時には同席していただけますので、どうぞご安心ください。

1歳半よりあとのケアはどうする?

- 3歳ごろまで

このころは、上下の前歯12本と奥歯8本の乳歯が順番に生えてきます。
乳歯は虫歯に弱く、生えかけの歯が多いと歯みがきもしにくいので、特に注意が必要な時期。保健センターなどで受けられる「1歳6ヵ月健診」「3歳児健診」を利用したり、歯医者の定期検診を受けたりして、お口の健康に気を遣いましょう。
自分で歯みがきできるように教えてあげながら、仕上げみがきをしてあげることも大切です。
保育士・歯科衛生士によるリトミック教室でみんなで楽しくトレーニングするのもおすすめします。

- 小学校高学年まで

乳歯から永久歯に生え替わっていく時期で、歯の大きさ・長さがそろわず歯みがきしにくくなります。乳歯はもちろん生えかけの永久歯も虫歯になりやすいので、丁寧に仕上げみがきしてあげましょう。特に6歳臼歯は溝が深くみがきにくいため、重点的に見てあげてください。噛み合わせの将来も見えてくる時期ですので、6歳臼歯が生えたら定期検診の受診をお忘れなく!この年齢時期は虫歯にも成りやすく、噛み合わせの個人差が出始めてくる時期です。場合によっては永久歯の生え具合の確認の為、レントゲンをお取りする場合もあります。

 

信頼関係を大切に

CareCure歯科松戸では、お子さんとの信頼関係を大切にしながら治療を行います。痛みの出てしまう治療で、「どうしても痛い治療は受けたくない!」と言われたら、その日はトレーニングや歯磨きの練習など、痛みのでないことだけにしておきます。
お子さんと根気強く向き合って、信頼してもらいながら治療することが、「歯医者嫌い」にさせないためには必要です。もちろん、気持ちをケアするだけではなくて、最新の技術や設備をそろえることで、できる限り痛みのない治療ができるように努力しています。お子さんの治療時には同席していただけますので、どうぞご安心ください。

 

おうちでできる予防ケア

虫歯を予防するには、歯医者の定期検診だけではなく、おうちでの歯みがきやフッ素塗布といったケアも大切です。特に、お子さんが自分ひとりできちんと歯みがきできるようになる6~8歳までは、パパ・ママによる「仕上げみがき」が欠かせません。

お子さんのお口の健康を守るために

「歯医者は、痛い歯を治すために行く場所」と考えていませんか?
それは半分当たりで、半分ハズレです。
もちろん痛いと感じたら1日も早く治さなければいけませんが、もっといいのは、まだ痛くない「初期の虫歯」を早めに発見して、ササッと治療してしまうこと。それよりもさらにいいのは、そもそも虫歯にならないことです。

 

3ヶ月に一度の定期健診を!

乳歯や生えたての永久歯は虫歯になりやすいので、こまめなケアが必要になります。虫歯になってから大体3ヶ月以内であれば軽い治療ですみますから、お子さんは3ヶ月に1度は定期検診を受けるようにしましょう。もちろん、定期検診では治療だけでなく予防の処置もします。
また、定期検診では虫歯だけでなく、歯並びや生え替わりのチェック・対処もできます。たとえば「乳歯がまだ抜けないのに永久歯が生えてきた」といった場合には、早めに乳歯を抜くことで、永久歯がズレずにきちんとした向き・位置で生えてこられるのです。また、余分な歯(過剰歯)が生えてきたときも、邪魔になる場合は抜歯します。
5~12歳は歯が抜けたり・生えてきたりで歯みがきしにくくなることから、特に虫歯になりやすい年ごろです。お子さんのお口の健康を守るため、定期検診に連れて行ってあげることを忘れないようにしましょう。

- 定期検診のメニュー

ブラッシング指導
虫歯になりにくい、しっかりとした歯のみがき方を教えます。
フッ素塗布
フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の質を強くして虫歯になりにくくします。Care Cure 歯科松戸では、フッ素をイオン化させることで効率よくフッ素を歯にしみこませる装置「パイオキュアー」を導入しています。
シーラントチェック
奥歯の溝にカバーをして虫歯を予防する「シーラント」が正常な状態かチェック。ヒビなどの問題がある場合には修復します。

 

「どうせ永久歯に生え替わるから」と、乳歯の虫歯を放っておく方がいます。しかし、それはとっても危険な考え方。お子さんの体の成長や、これから生えてくる永久歯に悪影響が及んでしまうこともあるんです。

 

小児歯科

※当医院では1歳に満たないお子様も、お口の中を拝見させて頂いております。またスタッフ担当が、ご兄弟様、お母様お子様も見守ってあげるシステムをもっております。
お気軽にお立ち寄りください。

 

 小児歯科

虫歯はあなたのお口から子どもに感染しています。

虫歯は、風邪やインフルエンザのように人から人にうつる「感染症」だということをご存知ですか。
生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因となる菌がいませんので、虫歯にはなりません。
多くの場合、生後1歳7ヵ月から2歳7ヵ月の間にスキンシップを通して周囲の大人から移るといわれています。

虫歯の原因となる菌への感染時期を遅らせることで、将来、虫歯の本数が少なくなるという報告データがあります。

また、24歳を過ぎると、新たにできる虫歯の本数は限りなく「0」に近くなるという統計もあります。

つまり、お子様への虫歯菌の感染に注意を払い、成人まで健康な歯を維持することができれば、一生、虫歯のない歯でいられる可能性が高くなるのです。

感染症である以上、対策が可能ですので、正しい知識で子供を虫歯から守ってあげることがお子様の将来を考えた際、非常に大切となります。

 

虫歯の原因菌からこどもを守る3つの方法


正しい知識があれば、子供への感染時期を遅らせることが可能です。

感染症対策には、次の3つの方法が効果的です。

 
お母さんから子供に虫歯菌が移ると、子供は免疫力が弱いため一気に虫歯菌が増え、

虫歯があっという間に広がります。しかも、子供の歯は柔らかいため、みそっ歯と呼ばれる、黒くボロボロの歯になります。

虫歯菌から子供を守るため、歯科医院では抵抗力の強化として、次のことを行っています。
 


以下、それぞれの説明を致します。

 

歯磨き指導・シーラント鎮塞・フッ素塗付

歯科医院を受診されることで、次の方法で子供の歯を守ることができます。

TBI(歯磨き指導)

子供が歯磨き好きになるように指導します。

 虫歯が多発する部位は、

(Ⅰ)歯と歯の間

(Ⅱ)歯と歯肉の境目

(Ⅲ)歯の溝です。



TBI(歯磨き指導)では、(Ⅰ)と(Ⅱ)から発生する虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。

シーラント填塞

上記(Ⅲ)の歯の溝は複雑で、ブラッシングだけでは虫歯の予防が不可能な部位です。

生え替わったばかりの奥歯の永久歯は大人と比べて溝が深く、そこに食べカスなどがはさまって虫歯になることがよくあります。
シーラントは奥歯の溝をプラスチックで埋める虫歯予防法です。
乳歯から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。
なお、使用するのは虫歯治療の際に詰め物として使う「レジン」という素材なので安全です。

 

フッ素塗布

「フッ素」とは、歯の表面にあるエナメル質を強化する性質を持った物質です。

乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いのですが、フッ素塗布によって大人の歯と同等の強度にすることができます。虫歯菌に負けない強い歯を作りましょう!


 

下記写真のようにシーラントで溝を埋めてあげることで、虫歯の予防効果が期待できます。

 

 

 

乳歯の虫歯を放っておくと……?
問題1:あごの成長がかたよる
痛くない方の歯でばかり噛むようになるため、あごの成長がかたよります。あごの成長が不完全だと、永久歯の生え方が悪くなったり、顔の骨格がゆがんでしまったりといった問題が起きてしまいます。

問題2:虫歯が永久歯の成長にかかわる
乳歯の虫歯が根の方まで進んでいると、その下の、これから生えてくる永久歯に影響を及ぼす可能性があります。

虫歯は、定期検診で早めの発見・治療を心がけましょう。CareCure歯科松戸では土日も診療してしておりますので、まずはお気軽にお電話、または直接お越しください。

 

親御さんへのメッセージ

子供の歯は、じきに抜けます。
だから治療は必要ないと思われがちですが、決してそのようなことはありません。

乳歯は永久歯を誘導する役割があり、乳歯が早期に無くなってしまうと永久歯をうまく誘導できず、噛み合せへの悪影響が生じることがあります。
また、永久歯といっても、生えたての時は乳歯と同じで非常に柔らかいため、虫歯になりやすい特徴を持っています。虫歯菌だらけのお口の中に柔らかい大人の歯が生えてきたらどうなると思いますか?
わかりますよね。

このようなことがありますので、「乳歯のうちはまだ大丈夫」と思うのではなく、
乳歯のうちから虫歯にならないための行動が大切である」と理解して頂きたいと思います。

 

お子様の歯並び。何か気になりませんか?

子供の歯から大人の歯に生え替わるとき、ささいなボタンのかけ違いで歯並びが悪くなってしまうことがあります。その徴候を早めに見つけることで、簡単・短期間・少額で歯並びを整えることができます。

このことを咬合誘導と言います。

咬合誘導は大人の歯がすべて生えてからの矯正とは違い、抜歯したり、無理矢理歯を動かしたりといったものではありません。

早い時期に適切な咬合誘導を行うことで、歯並びが安定して後戻りしにくくなり、 場合によっては大人の歯の矯正治療が必要なくなることもあります。