松戸市の歯医者 松戸駅東口徒歩1分 当日予約OK 平日夜9時まで診療 松戸駅東口バスターミナル前1階

医療法人社団博歯会 Care Cure(ケアキュア)歯科松戸
 
TEL 047-361-8211 年中無休 平日21時迄受付
〒271-0092 千葉県松戸市松戸1235-1 イーストスクウェア松戸
松戸駅東口バスターミナル前1階

松戸市の歯医者 、松戸駅東口徒歩1分 、CareCure歯科松戸

トップページ»  小児矯正歯科



 

こどもの矯正歯科

「歯並び」を正して前向きな人生「噛み合わせ」を正して健康な人生を!!
矯正治療は、歯に装置をとりつけて歯を移動させて、綺麗な歯並びと正常なかみ合わせに改善します。
矯正治療は親が子供にしてあげられる最高のギフトです。

 

歯並びの悪いお子さんをお持ちの方へ ~矯正治療は親が子供にしてあげられる最高のプレゼント~

アメリカでは、歯並びの悪い子供を幼少期のうちに矯正治療してあげるのは親の責任だと考えられています。それだけ、その後の人生におけるデメリットが十分に理解されているのです。社会に対して、女性の立場から情報発信をしているスージー・ウェルチ氏は次のような言葉を残しています。

あなた自身の決定が、10分後、10か月後、10年後にどうなっているか想像してみなさい。(By Suzy Welch)」

歯並びの悪いお子さんを連れて来院される
お母さんを見ていると、
矯正治療は親が子供にしてあげられる最高のギフト
だと感じることがあります。
子供の将来を見据え、10年後に「ありがとう」
といってもらえる選択をしてあげることが
子供の人生を豊かにすることにつながります。

"矯正治療というと、相談するだけで敷居が高そう"と感じている方も多いようですが、まずはお気軽にご相談ください。
 

お子様の歯並び。何か気になりませんか?

子供の歯から大人の歯に生え替わるとき、ささいなボタンのかけ違いで歯並びが悪くなってしまうことがあります。その徴候を早めに見つけることで、簡単・短期間・少額で歯並びを整えることができます。

このことを咬合誘導と言います。

咬合誘導は大人の歯がすべて生えてからの矯正とは違い、抜歯したり、無理矢理歯を動かしたりといったものではありません。

早い時期に適切な咬合誘導を行うことで、歯並びが安定して後戻りしにくくなり、場合によっては大人の歯の矯正治療が必要なくなることもあります。

 

矯正の流れ

 

矯正歯科治療中の家庭でのケア

ブラッシング

矯正歯科治療中は、むし歯や歯周病にならないようにすることが重要です。そのために毎食後の念入りな歯みがきはかかせません。装置が入っているので、細かいところまでみがけるよう指導をします。早めにマスターしましょう。
 

食事

むし歯や歯周病にならないように、甘いおやつ・ネバネバしたキャンディー・ガム・モチなどはなるべく控えてください。また硬いものを強くかむと、矯正歯科装置が壊れる場合がありますので注意してください。

 

親御さんへのメッセージ

子供の歯は、じきに抜けます。
だから治療は必要ないと思われがちですが、決してそのようなことはありません。

乳歯は永久歯を誘導する役割があり、乳歯が早期に無くなってしまうと永久歯をうまく誘導できず、噛み合せへの悪影響が生じることがあります。
また、永久歯といっても、生えたての時は乳歯と同じで非常に柔らかいため、虫歯になりやすい特徴を持っています。虫歯菌だらけのお口の中に柔らかい大人の歯が生えてきたらどうなると思いますか?
わかりますよね。

このようなことがありますので、「乳歯のうちはまだ大丈夫」と思うのではなく、
乳歯のうちから虫歯にならないための行動が大切である」と理解して頂きたいと思います。

 

小児の矯正歯科

小児矯正

歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。
その理由は、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。
小児矯正(子供の矯正)を始める時期 子供の矯正は、アゴの骨が成長する6歳~14歳までの間に行うと有効だと言われています。
この時期に矯正を行うことによって上アゴと下アゴの大きさのバランス、歯とアゴの大きさのバランスをある程度コントロールすることができます。
 
ぜひ子供の時期に矯正を行いたいケース
以下の場合には、小児矯正を行うことによって特に大きな治療効果が期待できます。

  • アゴが左右どちらかにずれている場合
  • 受け口 (下アゴが上アゴより前に出ている)
  • 極度の上顎前突 (出っ歯)
  • 開咬 (噛んだときに前歯が全く噛まない)
  • 歯の生えてきた位置が悪く、後から生えてくる歯に悪影響を及ぼす可能性がある場合
 

Q&A

矯正歯科のQ&A

Q1、痛みますか?
A1、装置をつけた後や調整した後2、3日は多少の痛みを感じる場合があります。

Q2、通院の感覚は?
A2、矯正歯科装置を使う動的治療中は、月に1度のペースで通院になります。保定期間に入ると3~6ヶ月に1度の通院となります。

Q3、治療期間中にサッカーなどスポーツはできますか?
A3、通常のスポーツなら基本的に大丈夫ですが、激しいスポーツや格闘技は装置が唇や歯ぐきにぶつかりケガをする事があります。心配な場合は、担当医と相談のうえマウスガードなどを使用し、スポーツを楽しんでください。

Q4、装置をつけているとしゃべりづらいですか?
A4、当初は少ししゃべりづらくなりますが、慣れれば普通に話せるようになります。

Q5、装置が壊れた時はどうしますか?
A5、そのままにしておくと口の中を傷つけたりします。すぐに担当医に連絡し、指示に従ってください。

Q6、むし歯は全部治療してから矯正歯科へ行ったほうがよろしいでしょうか。
A6、痛みがあるような場合は別ですが、まず矯正歯科でむし歯を治す時期や方法の相談をし、治療方針が決まってから先生の指示によりむし歯治療をしても大丈夫です。

Q7、歯を抜かないで矯正治療ができますか?
A7、あごと歯の大きさや、上顎と下顎のバランスが良い状態で歯が並ぶためのスペースがあれば、抜歯せずに治療します。子どもの矯正歯科治療は顎骨の成長を利用できるので歯を抜かずに済むことが多いようです。抜歯するかどうかは精密検査に基づいた正確な診断によります。

Q8、治療後に歯が元にもどりませんか?
A8、矯正歯科装置をはずすと歯は元の場所にもどろうとするので保定装置を使います。保定期間は通常2、3年ですが、もっとかかる場合もあります。

 

保護者の皆様へ

成人の矯正歯科治療は主として咬み合わせの変化を成長しきったあごに求めるため、限界があります。これに対しジュニアの矯正歯科治療は活発な成長発育と高い適応能力によって良好な結果が得られます。すなわち、矯正歯科治療による歯やあごの移動は咬み合わせの改善のみならず、咀嚼機能の向上つながるのです。いわば矯正歯科治療の本質ともいえましょう。
お子様の咬み合わせが心配な時は、早めにご相談ください。